安いウォーターサーバーを見つけるコツ

種類が多いウォーターサーバー選びに迷った時に知っておきたい事

種類も多くて悩んでしまう水の種類

水の硬度で検討してみる

ウォーターサーバーを取り入れたい方は水に関心が強いかもしれませんね。

水を選ぶ基準には硬度があります。
ミネラルやマグネシウムの含有量が多いと硬度が高くなります。
日本の天然水は地質の関係で硬度の高いものは少なく、軟水が多いです。

硬度が高い物は味わいがしっかりとしていて、特徴があります。
低い物はまろやかで飲みやすく、クセもほとんど感じません。
硬度の低い軟水の方が、料理で使用する時に味が馴染みやすかったり、お茶は成分が出やすくなります。

もともと健康の為に海外の硬度の高い水を飲んでいるなら、ウォーターサーバーで宅配されるのは魅力かと思います。

クセのないまろやかな水が好みなら、硬度の低い軟水を選ぶのがベストです。

水の産地でどれにするか絞ってみる

日本は海に囲まれ、山や森林も多い地形の特徴から、名水と呼ばれる天然水が採水できる地域も豊富にあります。

どれにしようか迷った時には、採水されている地域で選んでみるのも良いでしょう。

北海道から九州まである中から、飲んだことがあるもの、知っている名水だから安心、故郷に近い水だからと産地の中から候補を絞って考えてみるのも1つの手ですね。

天然水に含まれる主な成分はナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウム、亜鉛、バナジウム、有機ゲルマニウムなどです。
含有のバランスは産地によって特徴があり、味が変わります。
産地の環境で変わる味わいは、個人の嗜好や好みも反映されます。

赤ちゃんや身体の弱い方はミネラル成分がお腹を壊してしまう場合があるので、強く含まれる産地の物は避ける方が良いかもしれません。


▲先頭へ戻る