安いウォーターサーバーを見つけるコツ

種類が多いウォーターサーバー選びに迷った時に知っておきたい事

種類も多くて悩んでしまう水の種類

ウォーターサーバー用の水には、日本などの水質が綺麗だと言われている場所から採水された天然水と、水道水などの原水を、RO膜処理をして不純物を取り除き、限りなく純水に近い状態に作られたRO水があります。 ろ過の過程で一度ミネラル分も取り除かれてしまうので、最後人工的にミネラルを追加する事が多いようです。

水の種類によって値段も変わる

それぞれの水質や特徴で価格に差があります。 天然水とRO水で比較すると、天然水の方が価格が高いようです。 天然水の場合、原水を採水したり、運搬する為に手間やコストがかかります。 RO水の場合、そういったコストがかからない分、安く提供されています。

気になるサーバー代金

月々にいくらコストが必要になるか気になるかと思います。 比較サイトで見てみると、サーバー代金は無料と言うのも多いですね。 無料の場合には月々に利用する水にノルマがある場合もあります。 サーバー代金がかからない方がお得に感じますが、水の消費量が少ないならサーバーはレンタルの方が良い場合もあります。

好みや使用用途で選べる

せっかくウォーターサーバーを取り入れるのなら、水の種類にもこだわりたいですよね。
料金やメンテナンスなどの体制も判断材料になりますが、やはり水選びをどうするか一番悩むし、重要かと思います。

まず、天然水とRO水はどちらが良いでしょうか?
水は無色透明の液体で見た目は同じに見えますが、内容は違うんです。
それぞれの価値観やこだわりも大きく反映されるので、どちらが良いかは好みではあるのですが、違いを良く理解して納得してから選ぶ事をおすすめします。

天然水は各地の名水を採水された水です。
多くのものは地下深い場所から採取されるので不純物が少なく、地中に含まれるミネラルが溶け出しているので、ミネラルが豊富です。
採取される地域によってパナジウムが豊富など特徴があります。
含有されるミネラル成分のバランスが違うので、まろやかに感じたりと味に違いがあると言います。
飲み比べして好みを探すのも楽しそうです。
天然のミネラル分や成分を残す為に過分なろ過はしていないようです。

RO水は天然水を利用しているものが1部あるようですが、基本的には工場付近の河川の水や、水道水をRO膜でろ過処理をしています。
ダイオキシン、環境ホルモン、塩素、細菌、ウイルスなど不純物をほぼ取り除ける性
能の、ろ過装置だと言われています。
不純物が含まれない純水になります。

天然水もRO水もどちらも衛生処理はされているので安全性については変わりありません。

▲先頭へ戻る